最近は冷凍保存が流行っていますよね?
野菜の冷凍保存やお肉の冷凍保存など当たり前いなっています。

 

では、キャットフードも冷凍保存をする事はできるのか?
気になる所だと思います。
冷凍出来ないというわけではありませんが、あまりオススメはしません!
ドライフードの場合は、賞味期限が近ければ近いほど酸化が進みやすくなってしまいます。

 

味に変化が出てしまうと、いつも食べているキャットフードがまずく感じてしまって食べなくなってしまう恐れもあります。

 

キャットフードの保存方法を紹介しておきます。

 

温度が高い所に置いておくのは良くありません。
キッチンでも料理を作る近くには置かない事です。

 

棚の中に入れておき、湿気があまりない場所にしましょう。

 

急に熱くなったり、寒くなったり温度の変化が激しい場所は避けた方が良いです。

 

袋を閉める時に、出来るだけ空気は抜いておきましょう。

 

日光に当てるのは絶対にやめましょう!

 

キャットフードだからといって、適当な場所に置いておくのはよくありません。
猫も生き物です。

 

味がまずくなれば、人間同様食べなくなります。
食べ物というのは、すぐに酸化が始まります。
それを避けるためにも日光に当てるのはどんどん酸化が悪化していきますので気をつけて下さい。

 

まとめて買う方が多いと思うのですが、まとめて大きなキャットフードを買うと使ったらそのままにしてしまいがちですよね?

 

1回分をタッパーやジップロックに入れる事をオススメします。
ジップロックなら100円均一で20枚ぐらい入っていますから。

 

密閉する時は、必ず空気は抜いてくださいね。
冷蔵庫などに保存するのではなく、常温で大丈夫です。

 

酸化を避けたい人は、冷凍保存する方も最近はいるみたいです。

 

冷凍と解凍の仕方

 

冷凍がいけないわけではないので、やりたい方はやってもらって構いません!

 

冷凍する時は1回分をジップロックにいれて空気を縫いて冷凍庫に入れればOKです。

 

解凍する時ですが、冷蔵庫に入れます。
そして自然解凍を待つ。
これが一番味の変化もなくおいしく食べられますのでぜひやってください。

 

みなさんがいつも行なっている方法と同じです。

 

面倒臭いからといって、電子レンジでささっとチンをして解凍してしまう方もいるでしょう。
それをしてしまうと味は確実に落ちてしまうので、避けてください。

 

味が落ちると当然食べる気は失せてしまいます。

 

他にも冷凍庫から取り出して、常温の自然解凍をする人もいますが、これも味が落ちてしまいます。

 

自分が食べないからいいだろうと思うかもしれませんが、猫も人間同様頭は良いです。

 

味の変化には当然気づきますので、冷凍する場合は冷蔵庫で自然解凍してください。

 

例えば、朝1回分を与える時は、前日の夜寝る前に冷凍庫から冷蔵庫へ移しておけば大丈夫です。