キャットフードにもいろいろな種類があるって知っていましたか?
一般食や療法食など、購入する時にきちんとパッケージを見ておきましょう。
必ず記載されていますので。

 

「総合栄養食」について

 

総合栄養食と聞いたら、キャットフードにまったく知識がない人、これを与えておけば良いだろうと思うかもしれません。

 

猫に欠かせない栄養が全て含まれているので、確かにこれを与えていれば問題はないと思います。

 

量もきちんと考えて水分も取れれば、これで成長はします。
健康維持もします。

 

一般食について

 

一般食は、通常日本人が食べるものであればこれを食べていれば、栄養も取れて成長もできる。
しかし、猫は違います。

 

猫の一般食というのは、おかずです。
もし人間がおかずのみしか食べていなかったらどうなりますか?
栄養が偏ってしまいますよね?
猫も同じなんです。

 

一般食と書かれた缶詰ばかり与えていると栄養は偏って病気になる可能性も出て来ます。

 

きちんと購入する際はラベルをチェックしておきましょうね。

 

療法食について

 

療法食はその名の通りです。
病気中の猫が、食事をする時に与えるものです。
きちんと栄養が調整されています。

 

療法食と呼ばれているのですが、他にも「処方食」と言われていたり「特別療法食」などもあります。

 

もし猫が病気になってしまい、食事を与える場合は一度獣医さんに聞くのが良いでしょう。

猫にも高級なフードがある?

 

先ほども述べたように、キャットフードもたくさんあるのですが、その中には「プレミアフード」というものがあります。

 

こうやって聞くと、高級なフードなのか?
キャビアとか入っているの?と思いますよね?

 

そういう事ではなく、添加物を一切使用していなかったろ、質の良いフードの場合「プレミア」がつくようです。
値段も通常のものよりは少し高くなっています。

 

食事には気を使ってあげたいという方が購入するもので、値段も少し高いので金銭に余裕のある方が購入しています。

 

必ずしもプレミアフードを食べないといけない!というわけではありません。
一般職や総合食でも十分栄養は取れますので、無理して購入する必要はないです。